プロミスの審査はアルバイトをしている人に厳しいってホント?

大手消費者金融のプロミスからお金を借りる際の最低条件には安定した収入がある人と定められていて、その安定した収入というのは例えアルバイトであったとしても日雇いでは無くて定期的な収入が得られる人であれば審査の対象という事になります。
ただ、アルバイトであると審査が厳しいのではないかと心配する人もいます。
審査はアルバイトであるからといって厳しくなるという訳ではなく、その人の年収や審査の内容に合わせて限度額が設定されるので、特別厳しくなるという事はないです。
ただし、プロミスから借りる場合に注意しておく必要がある事はあるので、それをいくつか説明します。
まず、最低条件として安定した収入がある事の他に年齢制限もあり、満20歳以上69歳以下である必要があります。
つまり、収入があったとしてもまだ未成年の高校生や大学生の人は借りる事が出来ないですし、定年を迎えて年齢制限の範囲外になっている人も同じという事になります。
二つ目は収入に対して借入額が多すぎる場合も落とされてしまいます。
これはプロミス借り方の問題というよりも消費者金融で借りる場合の法律での問題となっているのですが、総量規制で年収の三分の一を超えては借りる事が出来ないようになっています。
つまり、例えば年収が90万円の人が31万円を借りようとしても借りる事が出来ないという事になります。
これはプロミス以外の他社での借入も含めて考慮する必要があるという点でも気を付けておくべきです。
また、同じように他社での借入について気を付けておかなくてはならないのは、他社で既に金融事故を起こしている場合も同様であり、これについても分かってしまうので隠せる事ではないです。

Comments are closed.